このページではさよなら中性生活プレミアムの副作用について詳しく見て行きます。

 

それぞれの成分により副作用はあるので気になる方は見てください。・・というわけで見ていく成分はコチラです。

DHA・EPA・DPA
ナットウキナーゼ
クリルオイル
サラシア
ビタミンE

DHAの副作用

DHAの副作用は今のところ報告されていないのでありませんが、注意することが一つあります。

 

DHAの効果として中性脂肪やコレステロールの低下、動脈硬化予防などがありますが、同時に血糖値を上昇させる可能性があります。

 

そのため、血糖値を低下させるために使われている糖尿病治療薬と併用をすると効果を弱めてしまう恐れがあるので使うときは効果が薄れていないか血糖値を監視する必要があります。

EPAとDPA副作用

EPAは血液をサラサラにする成分なのですが、摂りすぎると血液が固まりにくくなるため出血するとすぐに止まらなくなります。

 

病院などで出血をともなう治療を行う人は医師にそうだんして服用を中止しておきましょう。

 

副作用・・というほどではないのですが、なにごとにも摂りすぎは注意です。程よく摂取していれば脳梗塞や心筋梗塞、血栓予防などになるので程よく摂るようにしましょう。

 

DPAもEPAの効果と同じなので摂りすぎには注意してください。

ナットウナキナーゼの副作用

ナットウナキナーゼの副作用は報告されていないので、安心です。

クリルオイルの副作用

クリルオイルはDHAとEPAのサポートする成分なので、副作用はありません。

サラシアの副作用

サラシアに副作用はありませんが、一つだけ個人差によりますが、オナラがよく出るようになるという報告があります。

 

サラシアはダイエットとして良く使われていますが、摂取量が多いとオナラの出る量も増加します。

 

オナラを副作用と言っていいかどうか分かりませんが、それが嫌な人もいると思いますから、サラシアを摂取するときはお腹のガスが溜まるどうか見てみましょう。

ビタミンEの副作用

ビタミンEには副作用はありませんが、この際なので副作用が報告されているビタミンA・D・Kについてお話しておきますね。

 

ビタミンAを摂りすぎると頭痛・吐き気、物が二重に見える、手足が腫れる・むくむ、毛が抜ける、皮膚が赤くなる、発疹が出るなどと言った報告があります。

 

ビタミンDは皮膚が皮膚が乾燥する、顔色が悪くなる、食欲不振、吐き気、のどが渇く、尿量増加、筋力低下、関節痛などいったものがあります。

 

ビタミンKは貧血と黄疸になります。ビタミンA・D・Kはいずれも摂りすぎることで起きるので、程よくとれば健康に良いです。

 

因みに、さよなら中性生活プレミアムに含まれているのはビタミンEだけなので、副作用の心配はありません。

まとめ

以上がさよなら中性生活プレミアムの成分による副作用でしたが、基本的には摂りすぎなければ大丈夫なので、程よく摂取してみましょう。

さよなら中性生活プレミアム

おすすめの記事