ラクトフェリンSは硬い便を滑らかにしたり、朝の疲労感や眠気を減少してくれる健康サプリです。

 

しかし副作用があるのかどうかも気になるのも事実ですよね。そこで実際に副作用がないかどうかを見ていきます。

副作用について

ラクトフェリンSを飲むことによっての副作用が、

ガスが出やすくなる・お腹がゆるくなる
貧血を引き起こす可能性がある

この二つになります。

 

といっても、お腹がゆるくなったり、ガスが出やすくなるのは副作用といっていいのかどうかは分かりませんが、腸が動いている証拠なのでこれは気にしなくてOKです。

 

二つ目の貧血については引き起こす人は本当にまれなので、よほどな特殊体質でないかぎり気にする必要はないと思います。

 

副作用についてはこの2点であり、他には特に重大な副作用の報告などはなかったので安心していいと思います。

 

ただし注意することが一つ!

ラクトフェリンSで重大な副作用はないということは分かりましたが、一つ注意することがあります。

 

それは飲み過ぎることです。どんなサプリでも飲み過ぎると体に異常がでたりすることがあるので、しっかり1日の制限を守り飲むようにしましょう。

ラクトフェリンSは1日に何粒?

ラクトフェリンSは1日に6粒です。朝・昼・晩に分けて2粒づつ飲むのがベストですが、1日2回しか食事しない人であれば3粒ずつで6粒にすればOKです。

 

ですが、効果が現れる人は1日5粒だったり3粒だったりバラバラだったりするケースもあるので、基本は6粒で様子を見ておいた方がいいかもしれませんね。

 

すこしケチっても効果が出る人はでるので、こればかりは自分の体次第ということになりますね(汗

 

とりあえず!基本は6粒なので、それ以上は飲まないようにしましょう。



おすすめの記事