楽睡に副作用が起こる確率は限りなく低いですが、一応副作用があります。

その理由は楽睡に含まれる主成分による副作用です。なので、詳しい副作用について紹介していきます。

楽睡の主成分による副作用

まず、副作用を起こす可能性のある成分はコチラです。

GABA(ギャバ)

このGABAが副作用を起こす可能性があるのです。

GABAは脳の興奮を抑え、不安を和らげ、脳の活動を休ませて眠りへと導く作用をもちます。

そんなGABAの副作用は・・

ふらつき
頭痛
めまい

この3つになります、いずれの副作用も滅多に起きるものではないですが、出てきた人もいるようです。

 

万が一このような症状が出た場合は使用を中止してかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

飲み方を間違えても副作用になることがある?

これは楽睡ではなく普通の睡眠薬で起きた副作用なんですが、GABAが配合されている睡眠薬を昼間に飲んでしまい、頭痛やめまいが起きた人もいます。

楽睡の飲み方も1日の終わり、つまり寝る前に飲むことが飲み方なので、昼間などに飲んでしまうと副作用が起きてしまうのかもしれません。

あくまでこれは可能性の話ですが、それでも楽睡を飲むときは必ず1日の終わりに飲むようにしましょう。

 

おすすめの記事