尿酸値が高いと痛風になると言われているのが一般的ですが実は他の病気も起こす可能性もあります。

 

このページでは尿酸値が高いことで起こる病気のいろいろについてお話します。

尿酸値が高いことで起こる病気

尿酸値が7.0mg/dL以上になると【高尿酸血症】になります。

 

この高尿酸血症が長く続くと尿酸が結晶化して全身で悪さをするようになります。

関節や皮膚組織に溜まれば痛風やコブに

尿酸が結晶化して関節に溜まれば痛風になりやすくなります。

プリン体の多い食べ物を多く食べると尿酸値が溜まり痛風になりやすいという理由がこれです。

 

そして皮膚組織にも侵入するのであらゆるところにコブができて痛み出します。

 

足にできれば痛すぎて歩くことすらできない状態にまでなるので痛風になったことが無い人は特に尿酸値に注意したほうが良いと思います。

 

私も痛風の痛みは経験しているので、二度とならないためにも尿酸値には気を付けているくらいです。

 

つまりは・・それぐらい激痛だということですね(汗

腎臓に沈着すれば腎臓機能低下

尿酸が結晶化して腎臓に沈着すれば痛風腎を引き起こして腎臓機能を低下させます。

 

これを無視すればさらに悪化し、老廃物を尿として出すことができなくなる腎不全になり、透析を受けなければいけない状態になるので恐ろしく危険です。

尿路に沈着すれば尿路結石症に

尿酸が結晶化して尿路に沈着すれば3大激痛の一つといわれている尿路結石症になります。

 

私は経験したことがないのですが、尿路結石症の痛みは尋常じゃないくらい激痛という話をよく耳にします。

 

私の経験したことのある痛風よりも、はるかに超える激痛らしいので、想像しただけでもゾクッっとして怖くなりますね(汗

 

そう思うと尿酸値を高くするのは本当に怖い事だということが分かりますね。

尿酸値を下げるには?

高尿酸血症の危険性について話したところで尿酸値の下げ方についてもお話します。

 

尿酸値を下げるには・・

食べ過ぎを控える
プリン体含有量の多い食品の摂取を控える
お酒の飲み過ぎを無くす
激しい運動ではなく軽い運動を定期的に行う
水分を適度にとる
ストレスを溜めこまない

この6つの方法を行うことで下げることができます。

詳しい解説についてはコチラ↓を参考にしてください。

 

上記以外の方法として、サプリで尿酸値をさげる方法もあります。

 

私のオススメとしては機能性表示食品に認定されているファンケルがおすすめです。お酒や食べ過ぎ、運動などが忙しくて出来ない人に飲んでほしいサプリです。

尿酸サポート

ファンケルはコチラから↑

まとめ

以上が尿酸値が高いことで起きる病気についてでした。

 

痛風も尿路結石症も動くことができないほどの激痛なので、尿酸値が高いと診断された場合は下げる努力をしたほうが絶対にいいです。

 

次元の違う痛みでもがくことになるので(汗

おすすめの記事